機器

【ガジェット日記】iPadで全自動ビデオ通話する方法を会得

我が母親はiPadに拒絶反応を示している。

僕から電話があったら、iPadを手に取って、指示に従ってボタンを2回押すだけでビデオ通話ができるように設定した。それなのに…
「私、そんなムズカシイこと出来ないっ!」である。
孫の顔を見れるという特典も、全く効果はない。

仕方がないので苦労をして、”ただiPadを手に持っているだけで、自動的にビデオ通話をオンに出来る方法” を編み出した。

今回は知りたがる人も多いと思うので、設定方法を紹介させて頂くことにする。

自動的に通話OKする設定

我が家ではLINEを使っているが、Facetimeでも可能である。ポイントは「iPadの通話履歴に記録が残るようなAPPソフトウェア」であるということだ。

そのようなLINEやFacetimeといったAPPソフトウェアは、次のような設定作業によって、自動的に通話OKするように設定することが出来る。

  • iPadホーム画面の「設定(歯車)」アイコンから、「アクセシビリティ」を選択
  • アクセシビリティ画面で「タッチ」を選択
  • 画面一番下の「通話オーディオルーティング」を選択
  • 「自動で電話に出る」を オフ –> オン へ変更

2022年6月24日現在、初期設定では3秒が自動応答する時間に設定されている。もしも自動応答したくない場合は、3秒以内にiPad画面で赤ボタン(キャンセルボタン)を押せば、自動応答は却下される。

我が母親の場合は問答無用で全自動ビデオ通話したいから、本当は1秒くらいに設定したいところだ。しかし残念ながら3秒以上に設定するのは可能だけれども、3秒以下には設定できないようになっている。

ちなみに彼女は電源ボタンのオン/オフさえ嫌がるので、タイプカバーを調達した。カバーを閉じれば、自動的にiPadがスリープ状態へ移行するという訳だ。

LINEやFacetimeの設定

ここで気をつけた方が良いのは、事前にテストすることだ。

【ガジェット日記】iPadだけでLINEを使う設定を見つけ出した日どうして母親に文句を言われてまで最新型iPadを自腹購入しているのか不明... というか、いずれ彼女が孫とビデオ通話できる嬉しさを体感し...

単純にLINEやFacetimeを設定しただけでは、初回利用時に「マイクをオンにしますか?」とか、「カメラをオンにしますか?」というメッセージが表示される。
もちろん我が母親は、こんなメッセージに対応できる訳がない。だから初回だけは、僕がiPadのLINEでビデオ通話を受けるテストを実施することが必要となる。

それからLINEの場合、上記の記事で説明している通りで、iPadだけにLINEをインストールする必要がある。そうしないと、iPhoneとiPadの両方ともLINEビデオ通話の申し込みに反応してしまう。

ちなみに僕の場合はiPhone予備機で使用した予備LINEアカウントがあったので、そちらを使用した。

まずはiPhone側のLINEアプリを削除し、それからiPadにLINEをインストールした。そしてLINEを起動し、最初の画面で、「アカウントを新規登録、または他の端末で利用していたアカウントを引き継ぐ」を選択した。

で、新規登録を選んで電話番号を入力したら、LINEが既存アカウントと認識して処理を進めてくれた。おかげで設定作業は、トントン拍子に進んだ。

僕の場合は友達の登録データさえ残っていれば良いので、これが最も簡単だ。なおトーク履歴を残したい場合は、iCloudをオンにして、LINEのトーク履歴をバックアップしておく必要がある。

トーク履歴のバックアップは今回の話とは関係はないので、詳細な説明は別な機会とさせて欲しい。ともかく、以上で設定は完了である。

(あ、ボリューム調整も母親では無理だから、最初から最大音量に設定しておいた)

しめくくり

iPadで全自動ビデオ通話を設定する方法は、以上の通りである。

なおFacetimeは昔知らない人からビデオ通話申し込みを受けた経験もあるので、僕的にはLINEを友達自動追加しない設定で使うのが良さそうに感じている。

さて以上の内容が、少しでもあなたのお役に立つことがあったらば幸いである。なお我が家のお嬢さんはLINE上級者だけれども、「すげーっ!」と感心してくれた。

(正直、最近は彼女に頼ることも多い…)

とりあえず今回は、この辺で。ではまた。

————————————
 記事作成:小野谷静